前所属事務所と全面対決中のタレント・眞鍋かをりが20日、大阪市内の番組収録で胸中を語った。

眞鍋かをり 画像

眞鍋かをりは前事務所に契約解除を求める訴訟を起こしていたが、5月に専属契約違反で反訴され、泥沼状態。収録後の制作発表会見で、水道橋博士から「かをりちゃんは事務所の移籍問題もここで全部しゃべります。法律も勉強してますからね」と話を振られると「運命の歯車というか、どうしようもない状況ですけど…。強じんな精神力が身につきました」。裁判の進展に言及しなかったが、右手親指を立て、明るく振る舞った。

さらに、来年の自身の予測を求められ、「どんなことをされても負けませんし、嫌がらせにも屈しません。正々堂々とやっていればわかってくれる人がいるので、頑張っていこうと思います」と決意表明した。

スポーツ報知 11月21日(日)8時0分配信