モーニング娘。矢口真里さんが人気ゲームソフトの最新作「龍が如く4 伝説を継ぐもの」にセクシーマッサージ嬢役で出演することになり、このほど、都内で記者会見を行った。

「龍が如く」は架空の巨大歓楽街を舞台に愛や人情、裏切りなどの人間ドラマを描いたソフト。これまで、俳優の渡哲也舘ひろしら超豪華キャストも声の出演をしている。2007年には北村一輝主演で映画にもなっている。

シリーズ最新作で矢口真里さんは、マッサージ店のセラピスト「マリ」役としてCGキャラクターで登場。顔はそっくりで、体はかなりグラマラスになっているという。タイトな服で「なんでもいうこと聞いちゃう」などのきわどい言葉もあり、「収録の時は顔が真っ赤になるくらい恥ずかしかった」という。

自身のブログでも「セリフはかなりセクシーで、声をとりながらめっちゃ赤面してしまいましたよ」と照れながら、ゲーマー自称する矢口真里さんは「大好きなゲームに登場できてうれしい」と喜んでいる。

11月17日14時38分配信 サーチナ