女優のサエコが23日、9月末に所属事務所を円満退社後、初めてのコメントを発表し、芸能界をひとまず“引退”する意向を明かした。

サエコの画像

夫のプロ野球・日本ハムのダルビッシュ有投手が今季を終えたタイミングで「芝居は好きですが、今は彼を支えることやチビダルくんと過ごす時間を大切にしたいと思っています」と、3月に出産した長男の子育てとダルのサポートに専念することを表明。

一部では、ダルの父・ファルサさんが社長を務める個人事務所に所属するなどと報じられたが「彼のお父様の事務所に所属、アクセサリーデザイナーへ転身とありましたが、そんなこともありません」と否定。

「サエコ」として最後の仕事となる12月初旬のブログ本発売まではブログを継続。その後も「できることは家族と相談しながらこれからもチャレンジしていこうと思っています」としており、子育てが落ち着いたころに芸能活動再開もありそうだ。

10月24日8時3分配信 スポーツ報知

サエコ ダル事務所に移籍!デザイナー転身も

タレントのサエコが所属していた芸能プロダクションを離れ、夫で北海道日本ハムファイターズのダルビッシュ有投手の個人事務所に所属することになった。今後は子育てをしながら、アクセサリーブランドを立ち上げて“ママデザイナー”になることを計画中だ。

サエコの画像

サエコと所属事務所の双方は、既に円満に話し合いを終えており、来月には離れることになりそうだ。

この事務所は木村佳乃、成宮寛貴ら人気俳優を抱え、サエコ自身は01年から約8年間所属。脚光を浴びるきっかけとなったTBSのバラエティー番組「学校へ行こう!」をはじめ、映画「バックダンサーズ!」など明るく個性的なキャラクターを生かして活躍した。

関係者によると、事務所と大きな問題があったわけではなく、今年3月に生まれた男の子の育児を最優先にしているため、タレント業にはしばらく思うように打ち込めなくなり、新天地としてダルビッシュの個人事務所を選んだ。

ダルビッシュの父ファルサさんが社長を務め、身内ということもあってマイペースで仕事ができる環境。そこで始めようとしているのがアクセサリーデザイ ン。ダルビッシュも先月末に自身のブログで「奥さんの仕事机」を紹介し、そこにはビーズで作った可愛らしいストラップがあった。

サエコのブログはいまも芸能界ベスト10に入るほどの人気で、その理由はお気に入りの洋服などを身につけた姿を掲載する“1人ファッションショー”。どこのブランドかメールで問い合わせるファンが多く、若い女の子のファッションリーダー的な存在でもある。

巨人などでプレーし現在、西武の球団スタッフの黒田哲史さんと結婚した新山千春が赤ちゃん用のおもちゃをプロデュースしたり、酒井法子がママ用の帽子をデ ザインするなど、芸能界の“ママデザイナー”は多い。ダルビッシュもファッションには関心があり、アイデアを出すなどしてサ ポートすることもありそうだ。

10月18日7時1分配信 スポーツニッポン

幸せいっぱい、感謝いっぱい♪サエコがブログで出産&退院報告

日本ハム、ダルビッシュ有投手の夫人で女優のサエコが29日、自身のブログ「サエコ栽培」を更新し、24日に誕生した第1子となる長男の出産&退院報告を行った。

サエコの画像

29 日午後10時22分更新の「チビダル」と題したブログで、「本日、無事、退院することができ、いまはおうちでゆっくりしています」とつづり、「出産後、貧 血でなかなか動けなかった私のかわりにおむつを変えてくれるあなたの姿を見て、あなたと一生を添い遂げられることを神様に感謝しました」と夫に感謝を込め ている。

3月30日8時2分配信 サンケイスポーツ