女優の瀬戸朝香らが美脚の持ち主を表彰する「第6回パーカッシオ美脚大賞」に選ばれ8日、都内で行われた授賞式に出席した。

瀬戸朝香の画像へ

20代部門で受賞した広末涼子は、自らデザインした深緑色のパンプスに、美脚が拝めるミニワンピース姿で登場し「こんな賞はほど遠いと思ってたので、とて も恥ずかしい」とテレ笑い。30代部門の瀬戸朝香はひざ上25センチ超のミニスカ姿で「年齢的に恥ずかしいけどミニスカートで来てしまいました」と大喜び だっ た。

このほか、オーバーフォーティー部門に女優の真矢みきが、スポーツ部門に元バレーボール選手の菅山かおるが選ばれた。

9月9日8時1分配信 サンケイスポーツ