安めぐみがラブレターの思い出を語るCMが25日から放送される。小田和正「キラキラ」などラブソングを集めた26日発売のコンピレーションアルバム「ラブレター」のCMで、中1の時に初めて自分から手渡したラブレターの思い出だ。

安めぐみの画像

相手は約1年、思い続けていた2歳上の塾の先輩。「告白するのが初めてだったので、緊張して口ではうまく伝えられないと思い、手紙を書きました」と振り返る。

1日かけて便せん1枚に「ずっと見てました」と短い文章をつづった。勇気が出せず、仕上がってから2週間ほどかかったが、友人に付き添ってもらい、塾の帰りに手渡した。相手からは、翌週の塾の帰りに直接「僕もずっと見てました」。忘れられない思い出だった。

安めぐみにとっても告白のラブレターは1度きりだったが「自分の思いを文章に書くことって絶対にその気持ちはペンに、文字に宿ると思います。恋人とのやりとり はすごく大切なことだと思うので、これから先も、ちょっとした置き手紙でもメモでも、好きな人への今の気持ちをかくということはしたいなと思います」。

電子メール全盛だからこそ、手書きのラブレターを話題に、恋心満載の同アルバムをアピールする。

11月24日9時59分配信 日刊スポーツ

安めぐみ、環境トークショーに参加

タレントの安めぐみが28日、都内で開催されたシティリビングと銀座・有楽町の6百貨店が共催する「GINZA YURAKUCHO FESTIVAL2008」の環境トークショーに参加した。

地球温暖化防止の重要性を訴える「クール アース アンバサダー」を務める安めぐみは「室内の温度設定や水道、電気の効率よい使用など身近なことの積み重ねが大事。マイ箸、エコバッグは持ち歩いています」と自らのエコライフを披露、環境への関心を深めた。

シティリビング読者のお宝グッズを中心としたエコオークションも行われ、安めぐみも自ら使用したポーターのバッグを出展。当日落札された金額の全ては日本自然保護協会に寄付される。

9月29日8時1分配信 サンケイスポーツ

安めぐみ、撮影では見えちゃう!?

タレント・安めぐみが8日、都内で行われたテレビ東京系の主演ドラマ「秘書のカガミ」の試写会に出席した。

運命の男性を追い求めて企業から企業へと渡り歩くセクシー派遣秘書の活躍を描くドラマ。連ドラ初主演の安めぐみは「ミニスカートが男性には見どころです。 撮影では見えてしまいそうで大丈夫かな~と思いましたけど何も気にせず演じました」。アクションシーンや見えそうで見えない入浴シーンも話題を呼びそう。 共演は鈴木亮平、梶原善ら。

4月9日8時1分配信 スポーツ報知

安めぐみ、ミニスカスーパー秘書で初主演 ドラマ「秘書のカガミ」制作発表

タレントの安めぐみさんの連続ドラマ初主演となる「秘書のカガミ」(テレビ東京系)の制作発表が8日、東京都内であり、安めぐみさんが登場。癒し系美人で 人気の安めぐみさんは秘書役について、「資格も何も持ってないので……」と若干、戸惑い気味の様子だったが、「体当たりで頑張っています」とアピールし た。

「秘書のカガミ」は「週刊漫画ゴラク」で連載中の堀戸けいさんの人気マンガが原作。安めぐみさん演じる、数々の資格を持ちながら恋愛オンチ とい う「スーパー派遣秘書」の加賀見優がさまざまな企業に派遣され、トラブルを解決していくという作品。恋愛あり、アクションありのコメディーチックなドラマ で、安さんは毎回ミニスカートでアクションを披露するという。

この日安めぐみさんは紺のスーツに白のブラウスという「秘書スタイル」で登場。ドラマの見どころについては、「普段ははかないミニスカートでのアクションは、男性の目を釘付けに出来ると思います。女性には毎回登場するイケメンたちに注目してほしいです」と話した。

4月8日21時1分配信 毎日新聞