女優・水川あさみが17日(水)、都内で行われた主演ドラマ『夢をかなえるゾウ』の制作発表会見に、共演の俳優・古田新太と共に出席。作品のタイトルにち なみ、自身の夢について尋ねられると「素敵な男性と恋愛をして、30歳くらいまでに結婚したい」と結婚願望を明かし「女性として、フェロモンを出せるよう に頑張りたい」と意気込んだ。

水川あさみの画像

同作は「2008年上半期オリコン“本”ランキングBOOK部門」1位に輝いた作家・水野敬也原作の同名ベストセラー小説(飛鳥新社刊)をドラマ化。水川あさみ演じる女性が、古田演じるゾウの神様・ガネーシャから出される課題をこなすうちに、“幸せ”の意味を学んでいくというストーリー。同作でドラマ初主演を 務める水川あさみは「主演でも脇役でも、常に頑張りたいという気持ちは変わりません。楽しい現場にしたいという思いはあります」。ゾウの付け鼻など扮装をして役 に挑んだ古田は「スタジオを歩いていても、知り合いに気付かれなかった。お茶の間でも気付かれなかったらどうしよう」と冗談交じりに不安をのぞかせた。

また史上初の試みとして、同日に同名ドラマを単発枠と連ドラ枠で放送。俳優・小栗旬が主演の特別版は夜8時54分から、連ドラ版は夜11時58分からそれぞれ放送。

9月17日15時50分配信 オリコン

水川あさみ、地元・大阪凱旋もモテなさぶり嘆く

女優の水川あさみが、大阪ビジネスパークで開催中の読売テレビ夏イベント『わくわく宝島2008』の開局50周年記念トークショーにゲスト出演した。 130万部を超えるベストセラー小説を映像化したドラマ『夢をかなえるゾウ』(10月2日(木)よる11時58分スタート)で初出演。地元・大阪へ“凱 旋”した水川あさみだったが「モテ期は……幼稚園。今は全然モテません~!」と新鋭女優らしからぬコメントで会場の笑いを誘っていた。

水川あさみの画像

『夢をかなえるゾウ』の原作者・水野敬也氏と共に登場した水川あさみは「時間が空けばすぐに(大阪へ)帰るので、やっぱりココは落ち着きますね」と満足 げ。劇中では“ゾウの神様”ガネーシャ役の古田新太について「ゾウの鼻をつけたままタバコも吸ってる。(鼻は)シリコン製でしたよ!あの方、関西弁で話す のですが意外にシャイなので、現場では私が一方的にしゃべってますね」と明かした。

また、水野氏は「昔(出身の)愛知県の読書感想文コンクールで1位になったことがあるが、実はそれは母親の力作でして……」とベストセラー小説家らしから ぬ衝撃発言。さらに「これだけ売れたらモテると思ったのに~」、「水川あさみさんは他のドラマで初めて拝見して、そこばっかり見ていた!」とハイテンショ ンで 語り、水川あさみから「ウソっぽい~」と苦笑いされていた。

8月28日13時33分配信 オリコン