お泊まりデートが発覚した傲慢キャラが売りの形成外科医でタレント、西川史子センセイ(37)。11日発売の写真誌「フライデー」にキャッチさ れたお相手は平沢勝栄衆院議員の元秘書で3歳年下のイケメン実業家だった。「結婚相手は年収4000万円以上」と公言していた西川史子だが、本当のところはど うなのか。

西川史子の画像へ

意外にも初の熱愛スキャンダルとなった西川史子。同誌によると、2人は8月中旬、都内で飲んだ後に彼氏の高層マンションに入り、9月1日にも友人との食事会 の途中、マンションへ。西川史子は翌朝、前日と同じ服装のまま現れた。同誌の直撃にも応じ、「お金よりも愛ですよ」と、あっさり交際を認めている。

タカビーキャラの西川史子をメロメロにさせたイケメン実業家だが、その経歴はユニークだ。東北福祉大在学中は野球部員としてプロ野球選手を目指し、卒業後は 巨人の1軍選手の運転手を経験。その後、政治家志望へと転身。平沢議員の秘書を1年ほど経験し、2005年11月まで1期4年、葛飾区議を務めた。

昨年7月の参院選に自民党新人として比例で立候補。最年少候補として注目されたが、5万4618票で、落選。現在は福祉関係の会社を経営している。

「もともと父親は葛飾周辺で葬祭会社など幾つかの企業や団体を経営している地元の名士。今は政治活動をしているとは聞いていない」と関係者。年収4000万円かどうかはともかく、やはりお坊ちゃまのようだ。

西川史子の所属事務所は「10年来の知人で、2カ月前から親しく交際をさせていただいているようです」とコメントしている。

9月11日17時0分配信 夕刊フジ

西川史子がジャケ写で質素な若奥様に

女医でタレントの西川史子が、シンガー・ソングライターの河口恭吾のシングル「ただいま」のジャケット写真で、新妻姿を披露していることが8日、分かっ た。独身セレブキャラをウリにしている西川史子だが、質素な姿で料理、洗濯に励む若奥さまの姿で登場。セレブでありながら質素 に、というギャップを見事に表現している。

西川史子の画像へ

「夫になる人は年収4000万円以上」との発言でも有名な、独身セレブキャラをウリにしてきた西川史子が、慎ましい若奥さまに大変身した。

エ プロン姿で、料理や洗濯、掃除に励んだり、玄関で夫を出迎えるなど、西川史子のイメージとは180度違う姿を、河口恭吾のシングル「ただいま」のジャケッ ト写真で存分に見せている。ジャケット写真に登場するのは初めてという西川史子。グラビアなど数多くの撮影をこなしてきたが「肌も露出せず、ヒールも履か ない 姿は初めて」と“未体験”の撮影だった。

シングル「ただいま」は「大切な人が待ってくれているから頑張れる!」という素朴な幸せ を表現した楽曲。もともと宮城県限定で仙台銀行のCM曲として流 れていたが、全国発売にあたり、河口恭吾が、ジャケットに意外性をもたせたいと考えた。昨年、テレビ番組で共演した西川史子を思い出し「セレブと認識され ている が、実は若奥さまにあこがれを抱いているのでは」と、オファーしたところ、即OKをもらったという。

ジャケット写真以外に、封 入されるブックレットにも多くのカットが収録されており、西川史子は「若奥さま気分を満喫しました」とご満悦な様子。河口恭吾も「セレ ブなイメージの西川史子さんに質素な若妻姿を演じてもらい、そのギャップを楽しんでもらえる」と狙い通りに仕上がった作品に満足しているという。

河口恭吾は16日に、都内で料理教室とコラボしたクッキングライブを行う。

9月9日9時12分配信 デイリースポーツ