上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
料理研究家の森崎友紀が、『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画『食戟のソーマ』とコラボし、食のアイデアなど を提供していることが21日、わかった。森崎友紀は協力者として今回参加しており「自分がいろいろ試作し、考えてきた料理・レシピが漫画として表現される感動は、テレビの料理番組や雑誌の連載、料理教室で生徒さんに笑顔になってもらうのとはまた違った感動です」と喜んでいる。

森崎友紀 バニーガール画像

同作は、大衆食堂で育った異色の天才料理少年・創真の成長を描く新感覚グルメストーリー。森崎友紀は22日発売の同誌4・5号の第5話から“参加”する。

原作の附田氏は「この漫画は『食と官能』をテーマにした、ある意味罰当たりな企画」といい「協力して下さる方を探すにあたって、女性としての魅力も打ち出して活動しておられる森崎友紀さんであれば怒らないでくれるんじゃないか」と思いオファー。

一方、森崎友紀は「絵も綺麗で、キャラクターも魅力的、ちょっとセクシーな場面があるのも料理漫画には新しい要素だなと思って作品に引き込まれました。食は究極のエクスタシーなので、うなずけます(笑)」とオファーを快諾した。「料理にはたくさんの表現方法があり、主人公創真の料理に対する情熱はすごく共感できるので、漫画家の先生方と一緒に、きっと良い作品を作りあげられると思っています」と意気込む。

森崎友紀の協力を得て、附田氏は「手品としか思えないような奇想天外なアイデアの引き出しを大量にお持ちで、料理漫画の主人公そのものだ、と驚かされてばかりです」と森崎の料理への探究心に脱帽。森崎友紀自身も「料理にはまだまだ未知の領域がいっぱいあると思っています」と情熱を燃やしている。

オリコン 12月22日(土)6時0分配信

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。