上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大みそか放送の「第62回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが30日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。

紅組司会の女優、井上真央は5種類の衣装を着用し、視聴者を目でも楽しませる。この日は、銀色に輝くミニワンピ、ドット柄のワンピース、赤いドレス、ピンクのドレスの4着を披露した。

写真撮影NGとなったピンクのドレスは、紅白初の試みとしてデザイン衣装を一般公募し、1341通の応募の中から選ばれたもの。デザインした群馬県の園田麻衣さんによると、色は日本を象徴する桜を、ラインストーンはキラキラと輝く明日を、背中のリボンは世界中の人々との心のつながりを表現。同衣装は終盤 の「いきものがかり」登場時から披露予定だ。

サンケイスポーツ 12月31日(土)7時51分配信

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。