上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グラビアアイドルの小野真弓が13日、都内で行われた写真集『Switch』発売記念イベント前に取材に応じた。自身13冊目 となる写真集で、自宅のプライベートショットなどを披露した小野真弓は「いろんなことやってきたけど、これが究極なのかなという感じ。100点満点で、こ こに私の全てを詰め込みました」と満足げ。それでも「出しきってしまって、いまは何もアイディアが思い浮かばない。からっぽです」と完全燃焼を宣言し、 「今は間を置きたい。充電できたらまたやりたいです」と本音を明かした。

小野真弓 画像

『オンとオフの私を見てもらう』をテーマに、対極となるグアムでのグラビア王道ロケと本人自宅でのプライベートショットを収録。「より身近に感じてもら えるように」と挑んだ自宅撮影では、すっぴんや私服ショット、今まで以上に無防備な姿が収められている。小野真弓は「私にとっては丸裸になった感じ。でも、思 い切って撮ってもらってよかったです」と充実の笑みをみせた。

自宅ロケ以外にも新たな試みで行った撮影を振り返った小野真弓は「透明な傘で裸の私を隠そうと思ったんですけど、やってみたら丸見えで…」と苦笑い。男性の手を入れ込み、臨場感を出したという写真についても「下着を引っ張ってもらったりして、ギャーギャー笑いながらできました」と新鮮な体験に達成感をみせ た。

充電宣言をした小野真弓だが、「グラビアのお仕事は大好きなので、また面白いものができそうならやりたい。雑誌とかも、内容によってはやっていきたい」と引退は否定。来年に向けては「お芝居の仕事をもっと頑張って、自分を高めていきたいです」と抱負を語っていた。

オリコン 11月13日(日)14時13分配信

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。