上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女優の草刈民代さんが主演する映画の撮影が行われている北九州市小倉南区葛原高松の病院跡で、撮影用の衣装や時計、宝石など約30点(約300万円相当)が盗まれていたことが25日わかった。

草刈民代 画像

福岡県警小倉南署は窃盗容疑で調べている。

同署や北九州市によると、23日午後6時半から24日午前7時までの間に盗まれたという。撮影準備に訪れた関係者が気付き、110番した。24日は同市での撮影初日だった。

映画の制作会社によると、衣装などは建物3階に保管し、玄関ドアは施錠していた。映画は北九州市が誘致。草刈さんの夫、周防正行さんが監督を務め、俳優の役所広司さんらが出演。終末期医療をテーマにした人間ドラマを描く。代用品を使い、撮影は予定通り行われたという。

読売新聞 10月25日(火)13時11分配信

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。