上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
140万部を売り上げた人気小説「謎解きはディナーのあとで」が10月スタートのフジテレビ系火9枠でドラマ化されることが18日、分かった。主演は嵐の櫻井翔(29)。ヒロインの北川景子演じる令嬢新米刑事に仕える執事兼運転手役で、毒舌を吐きながら事件の謎を解いていくコミカル・ミステリー。 同局連ドラ初主演の櫻井は「緊張していますが、火曜9時が待ち遠しくなる作品になるべく頑張る」と気合満点だ。

北川景子 画像

お嬢様刑事・麗子役の女優の北川景子は、櫻井とは初共演。令嬢という身分を隠し国立署の刑事として働く設定で、「影山と麗子のコミカルな掛け合いをうま く表現していければ。表の顔は刑事で実はお嬢様という、これまで演じたことがない役どころ。ファンの皆さんには、新しい一面をお見せできるのではと思う」 と意気込んでいる。同局制作側は「毒舌執事とお嬢様刑事という異色コンビで、ドラマの中で大暴れしてほしい」と名コンビ誕生に期待をかける。

サンケイスポーツ 8月19日(金)7時52分配信

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。