タレント、インリン・オブ・ジョイトイの生後6カ月になる長男が、乳幼児がかかりやすい腸の病気「腸重積(ちょうじゅうせき)」で手術していたことが15日までに分かった。

インリン 画像

インリンは13日に更新した公式ブログで「昨夜から息子ちゃんと入院しました。腸の病気で、手術は無事成功しました」と記し、14日付で「実は…うちの息子ちゃんは『腸重積』になってしまいまして…」と病名を明らかにした。

同ブログによると、12日夜に突然おう吐と血便の症状が出て、「5分おきに身体がエビのようにそりながら激しく泣いてはグッタリ、の繰り返し」だったため病院に行き、緊急入院したという。

14日付では「まだまだ小さい息子ちゃんが苦しんでいる姿を見るのは、ホントに辛い」と幼い息子の病状を心配する母の心境をつづったが、15日午前中に 更新したブログでは「だいぶ回復しましたので…先ほど退院しました!」とうれしそうに報告。「今からしばらく寝ま~す」とまずはホッとしたようだ。

サンケイスポーツ 1月16日(日)7時52分配信