東大法学部卒の女優で教育分野などマルチに活躍するタレントの楠城華子が27日、第1子となる3220グラムの男児を出産した。翌28日付の自身 のブログで報告し、「この子の将来に何が待ち受けているのか、期待と不安でいっぱいですが、どんな時にも希望の光を見失わずに、強く生きていって欲しい」 と願いを込めた。

楠城華子 画像

今回の震災を受け、命の大切さを改めて考えたという楠城華子は「私にできることは、授かった命と共に幸せに生きている事を感謝しこの気持ちを忘れず、日々、 物質的にも精神的にも無駄遣いをせず精進していくことです」とし、愛息には「いざというときに助け合う人間愛の素晴らしさ」をしっかりと伝えたいと綴っ た。

楠城華子は昨春から交際を始めた7歳年上の一般男性と9月23日に入籍、11月には自身のブログで妊娠を発表した。所属事務所によると、入院先の病院は震災の影響で計画停電エリアに入っていたが、停電が実施されなかった日曜日に出産し「驚くほどの安産」だったという。

オリコン 3月29日(火)18時9分配信
スポンサーサイト