AKB48大島優子が、最新写真集『優子のありえない日常』の発売記念イベントを17日、銀座・福家書店銀座店にて開催した。

大島優子のありえないトップレス写真

 “変幻自在のパフォーマー”のキャッチフレーズで、そのステージングはAKB48内でも高い人気を誇り、また女優としても活躍する大島優子。写真集『優子のありえない日常』では、ありえないシチュエーションの数々に堂々と挑戦している。

サーカス団員になって裏舞台や本番を演じたり、ヒッチハイクをしたり、ドレスアップして浜辺で泣き崩れたり、やったことのないサーフィンをやってみたり…。グアムロケでは天気はずっと悪かったんですが、それをはねのけるくらい、ありえない感じです。全てになりきって、女優的な気持ちで演じました」

もっとも「あり得ない」写真は、海の中で、カメラに背中を向けてビキニのトップを外した写真だろう。
トップレスは……“取りますよ~、ヤーッ!”て感じでした(笑)。AKBのメンバーがこのカットを雑誌で見て“ひゃあー!“って悲鳴を上げていたと聞きました。けっこう若い子が多いので(笑)」

この日はちょうど21歳の誕生日で、バースデーケーキも用意された。21歳を迎えての心境とは?
「20歳の年は、NYに行ったり、武道館ライブをさせてもらったり、映画も何本か出させていただいたり、あっという間に過ぎてしまいました。21歳の年はもっとどん欲に、AKB48を広めていきたいし、東京ドームという夢もあるし……個人としては、好きな手話をテーマにしたような映画をやりたいですね」

10月18日17時20分配信 デビュー
スポンサーサイト