上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女優の内山理名が8日、東京ミッドタウンでエコイベントの一環として展開される『エコアイディア ワールド』のオープニングセレモニーに特別ゲストとして登場。同イベントでは“地球に優しい理想のエコ街”のジオラマが紹介されるが、このような空間での デートはどうかと問われた内山理名は「(相手が)現れるといいなと思う」と恋愛にむけて、前向きな姿勢を見せた。

内山理名の画像

理想のエコ環境を可視化したジオラマに興味津々の内山理名は「憧れの町。繊細に作られていてワクワクする」と大喜び。自身もエコへの関心が強いらしく「タクシーとかよりも自転車を使っています。見かけたら声を掛けてください」と笑顔で呼びかけた。さらに「省エネ商品を使うと、電気代も下がって得をするし、環境にもいいですよね」と体験談を交えつつ経済的な一面も明かしていた。

4月8日13時42分配信 オリコン
スポンサーサイト
写真週刊誌「フラッシュ」が選ぶ「ミスフラッシュ2008」が7日発表され、澤田友美さんがグランプリを受賞。澤田友美さんは「選ばれた時は、からかわれているのかと思った。これから1年間頑張っていきたい」と涙ながらに喜びを語った。

澤田友美の画像

「ミスフラッシュ」は、同誌の創刊20年企画で06年にスタートし、今年で3回目。インターネットやはがきによる読者投票などで、準グランプリには、野田彩加さん、審査員特別賞には、かの夏帆さんが選ばれた。辰巳奈都子さんら昨年のミスフラッシュの3人から、それぞれ花束を贈られ、それぞれ白いビキニ姿で多くのフラッシュを浴びていた

身長166センチのスレンダーボディーで、ショーヘアと笑顔がチャームポイントという澤田友美さんは、北海道出身で日本舞踊が特技。「好きなタイプは自分のペースに巻き込んでくれる人で、お尻がきれいな人」と話し、野田さんは「グラビアで頑張るので、1人でも多くの人にファンになってほしい」、かのさんは 「目標は川村ゆきえさん。一生懸命頑張ります」と抱負を語った。3人は1年間、グラビアなどで同誌をPRする。

4月7日17時27分配信 毎日新聞
りなっちこと立教大3年のタレント、長崎莉奈)が28日、都内でDVD付写真集「Today&Yesterday Rina’s2006-2008」の発売記念イベントを行った。

長崎莉奈の画像へ

高校時代に撮りためたフレッシュな秘蔵未公開カットからオーストラリアロケで撮った現役女子大生のセクシーショットまでを収録した内容に「私の3年間を 収めたアルバムみたい」と思い入れタップリ。今と昔の見分け方を「髪が長く前髪が短いのが高校時代」とテレつつ明かした。

6月29日8時0分配信 サンケイスポーツ
歌手の加藤ミリヤ(19)が4日、都内で行われたフレグランスブランド「サムライ」の新商品発表会にイメージキャラクターとして出席した。

香水を初プロデュースしたミリヤは「強く美しい女性をイメージしました。さわやかでクールで甘みもあるし、同世代に使ってほしい」とPR。6月に20歳を迎えるが「セクシーなものは、強いしかっこいい。私も香水のイメージにあった美しい女性になりたい」と願っていた。

4月4日16時20分配信 スポーツ報知
モーニング娘。の亀井絵里が3日、写真集「ERI」を発売する。

亀井絵里の画像へ

平成16年に初写真集を発売して以来、4冊を発売。その未公開ショットに加えて、今回40ページを超える最新ショットを撮り下ろした。ビキニで、少女から大人の女へと成長していく姿を追うことのできる貴重な1冊だ。

亀井絵里は「5年間の歴史を1冊にまとめていただき、20歳を迎える前に、新たな出発を始めるきっかけになりました。昔を懐かしんだり、新しい発見をしていただけるとうれしいです」とコメントしている。

4月3日8時1分配信 サンケイスポーツ
テレビ情報総合ポータルサイト「ドガッチ」では、26日に公開される、柴咲コウ主演でおくる映画「少林少女」の特集を配信中。

「少林少女」は、中国で少林拳の修行を終えて帰国した少女が、祖父の道場再建に向けて奮闘する姿を描いたアクションムービー。「踊る大捜査線」の亀山千広プロデューサーと、「少林サッカー」で監督・脚本・主演をつとめたチャウ・シンチーが共同プロデュース。

監督は「踊る大捜査線」シリーズの本広克行。出演は柴咲コウ、仲村トオル、岡村隆史、江口洋介ほか、「少林サッカー」のラム・チーチョンや、ティン・カイマンなど。約1年におよぶトレーニングを積んだ、柴咲コウが繰り出すカンフーアクションは必見だ。

「ドガッチ」の特集では、予告編やプロモーション映像を公開中。また、21日からは主演・柴咲コウのインタビューも配信する。

4月1日21時23分配信 RBB TODAY
女優の真野あずさ(50)が05年12月に離婚していたと、1日発売の女性誌「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。同誌によると、離婚が成立したの は、2人の結婚記念日でもある05年のクリスマス。16年間の結婚生活にピリオドを打った具体的な原因などは明らかになっていないが、元夫はすでに別の女 性と再婚しているという。

真野あずさは、聖心女子大を卒業直後、アルバイトを通じて大手コンピューター会社に勤務する元夫と知り合い、交際に発展した。82年に女優デビューし、真野響 子(56)の妹として注目を集めてからも順調に交際を続け、89年12月25日に婚姻届を提出。約10年にもおよぶ交際期間中、真野あずさが2度のプロポーズを 断っており“3度目の正直”でゴールインとなった。

所属事務所は「一貫して真野あずさのプライベートに関する取材はお受けしないことになっております。この件につきましても一切お答えすることはできない」としている。

4月1日7時3分配信 スポーツニッポン
テレビや雑誌で活躍中のグラビアアイドル、次原かながこのほど、最新DVD「Romper Girl」を発売した。

次原かなの画像へ

身長158センチ、B87・W60・H88というFカップのナイスバディー。おっとりぷるぷるで見るもの全てを魅了します。ビーチでのはじける笑顔やふと見せる魅惑的な表情にも癒されるはず。

4月11日17時1分配信 夕刊フジ
タレントの小倉優子が7日、自らがオーナーを務める大阪市内の焼き肉店「焼肉 小倉優子」で会見し、熱愛報道がなされた実業家の上月啓市氏 (34)との交際について「本当にお友達です」と、初めてナマの言葉で否定した。一部週刊誌による“お泊まりデート”報道にも「お泊まりはしてません」と キッパリ。「今は彼氏はいません。これからできたら、ちゃんと報告します」と宣言した。

小倉優子の画像

焼き肉店のPR会見ながら、小倉優子は“その質問”を待ちかまえていたようだった。はっきりと「(上月氏とは)本当にお友達です」と交際を否定。3日 に東京で行われた映画イベントに出演した際「1人の時にきちんとお話しします」と話していたが、その言葉通りに自らの言葉で報道陣に報告した。

上 月氏との野球観戦デートを報じた写真週刊誌には「一目ぼれです」と交際を認めていた小倉優子だが、翌日にブログで「お友達のひとりです」と一転して 否定。しかしまたその直後、女性誌に“お泊まりデート”を報じられた。この件については「友達と何人かでお鍋をして、ちゃんと帰りました。お泊まりじゃな いし、朝帰りもしてないです」とあらためて否定した。

一度は交際を認めていたことについては、「何でかわからないんですけど、そういう風になっちゃって…」とあいまいな返事。それでも「事務所が厳しいので、交際とかは無理なんです。いい方ですし、お話はしてますけど…。今は彼氏はいません」と強調した。

「事務所が厳しい」という言葉通り、過去にお笑いコンビ「よゐこ」の濱口優(36)との交際を報じられた際にも、さまざまな会見で質問が規制されたり、途中で打ち切られたりするなど、ピリピリムードが多かった。

この日はあえて自身の言葉で、すべての質問に応じた小倉優子。「今までは会見中止とかがあってご迷惑をかけましたけど、これからはちゃんと発表していきます」と、今後はオープンに活動することを宣言した。

6月8日9時14分配信 デイリースポーツ
タレントのインリン・オブ・ジョイトイさんのフォトエッセー出版記念イベントが5日、東京都内で開かれ、結婚について、 「前までは結婚すると好きなことができないと思っていたんですけど、最近は意識するようになりました。早ければ……今年中ですかね」」と、初めて公の場で “結婚宣言”をした。式場の見学は「まだ見に行っていません」とのことだが、秋にもゴールイン? という報道陣の質問にも否定しなかった。

インリンの画像

同書には、インリン・オブ・ジョイトイさんのセルフポートレートや、交際中の男性が撮影したインリン・オブ・ジョイトイさんが手料理を作る姿の写真、幼少 期についてやプライベート、平和への メッセージまで、インリン・オブ・ジョイトイさんの素顔が見える1冊となっている。彼について書いた部分もあるが、「照れたのか、涙を流すと思ったら、 『普通』って言われて悲しかったです」と、しょんぼりとしていた。

インリン・オブ・ジョイトイさんは交際中の男性の似顔絵も披露。苦手な料理も猛特訓したといい、「中華ばかりだったんですけど、和食を作ったんですよ。肉じゃがを作りました」と、頬を赤く染めながら笑顔で話した。

6月5日19時20分配信 毎日新聞
女優の原幹恵が2日、都内でCSアニメ専門チャンネル・アニマックスの開局10周年記念特番『テレビアニメ45年史なんでアニメは面白い!?』の収録に参加。今春まで放送されていたドラマ『キューティーハニー』で主演を務めた原幹恵は、「子供の頃になりたかったヒロインになれたことは、やっぱり嬉しかった ですね」と大作アニメの実写版でヒロインを務めた自身の経験を感慨深げに振り返った。

原幹恵の画像へ

同特番は倒産寸前の出版社のある編集部という設定で展開。4夜連続でアニメ文化、音楽、コミックなど様々な視点から過去のテレビアニメを振り返る内容となっている。編集長としてメインを務める声優・山寺宏一は「名作、ヒット作は作り手の情熱や愛情がスゴイものがある、ということを番組を通して感じて欲しい」とコメント。

また、勤続20年のお茶くみ女という役柄で出演する伊藤まい子は「私の中で思い出のアニメは『一休さん』かなぁ」と明かすとともに、「この役柄のなかでも結婚はしておりません」と語り、笑いを誘っていた。

『テレビアニメ45年史 なんでアニメは面白い!?』は7月6日(日)夜7時スタート。

6月3日6時30分配信 オリコン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。