上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌手の倖田來未が11日、都内で行われた日本ネイリスト協会の設立25周年式典で、特別功労賞を贈られた。

これまで同協会が選ぶネイルクイーンを3度受賞し、殿堂入りを果たした倖田來未浜崎あゆみベッキーに贈られる賞で、倖田は代表して登壇。この日は「これからも輝いて羽ばたいていくみたいなテーマにした」という白と黒のネイルで登場。「ネイルは女性を輝かせるアクセサリーみたいなもの。これからも大事にしていきたい」とほほえんでいた。

サンケイスポーツ 11月11日(木)19時10分配信
スポンサーサイト
都内で4日(木)に行われたカラオケ新サービス『UGA着メロ工房』の記者発表会に、「キューティーハニー」の音楽をバックに森三中の黒沢かずこが登場したあと、サプライズゲストとして歌手の倖田來未が突然登場し、会場を賑わした。

倖田來未の画像へ

発表会には応援サポーターとして、お笑いコンビの次長課長、タカアンドトシ、ハリセンボンが出席。そんな中会場に突然倖田の「キューティーハニー」のメ ロディーが流れるサプライズ。スモークがたかれる演出で満を持してステージに現れたのは自称「ぶぅちゃん」の森三中の黒沢かずこ。ゴールドを散りばめた眩 い衣装と腰フリで見るもの全てを驚愕させ、芸人仲間から落胆のため息を浴びた。しかし、黒沢かずこがふてぶてしい態度で「本物が来るわけないでしょ?」と吐き捨てた途端、再び同曲が流れ出して倖田來未本人がサプライズで登場した。

カラオケの新サービス『UGA着メロ工房』は、カラオケで歌っている姿を録画して着ビデオにできるというもの。このサービスについて倖田來未は、「好きな人に歌っている様子をプレゼントできるようになるっていうのはいいですよね」と、乙女ならではの心情を明かした。

実際に新サービスを体験した倖田來未は「私がオーディションを受けていた時代のカラオケは、歌って自己満足するだけだったけれど、動画が携帯電話などで持ち帰れるのはいい」と太鼓判。恐縮そうにしている黒沢かずこには「オリジナリティはないけれど、二重丸」と後押し「黒沢さんと行って、プライベートで歌いた い」とコラボ案を提示していた。

9月4日14時4分配信 オリコン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。