上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女優の菊川怜が日テレ系「第29回全国高等学校クイズ選手権」で脳科学者・茂木健一郎氏とメーンパーソナリ ティーを務めることが決まった。お互い東大卒の頭脳派。クイズ番組の解答者には常連の菊川怜だが、進行役は初めて。前回まで3年連続担当した高学歴お笑いコ ンビ「オリエンタルラジオ」からバトンタッチし「完全燃焼で、一緒に熱い夏にしましょう」と全国の高校生にエールを送った。

菊川怜 画像一覧

メーンパーソナリティーは23回大会から「爆笑問題」が務め、26回大会以降は3年連続で「オリエンタルラジオ」が担当。新たに「知力の甲子園」を任さ れる菊川怜は、日テレ系「世界一受けたい授業」で先生役の茂木氏とともに3代目に抜てきされ「クイズと言ったら脳! 脳と言ったら茂木先生! 良い連鎖反応 が見られると思う」と“東大コンビ”での進行にやる気を見せる。

制作側は「飾りけのないキャラクター、抜群のスタイル、知的なイメージを併せもつ」という理由から起用決定。2級建築士の資格を持ち、クイズ番組に引っ 張りだこの菊川怜だが、進行役は初めて。決勝前の高校生とは去年同局で偶然すれ違い、ギラつく瞳に圧倒された。「やっぱ生きてるってこれだよなって思った。 私も一緒になって学びたい」と今年もシナリオのない感動巨編を心待ちにしている。

91年から10年間、2代目・司会を務め「真相報道バンキシャ!」でタッグを組む福澤朗アナにも「いやらしい正解の出し方とか」を取材済み。代名詞「ファイヤー!」を見習い、新キャッチフレーズも「まだ考えてないですけど、本番までには必ず(笑い)」と思考中だ。

6月28日に沖縄予選で開幕。週2、3回それぞれ3時間に及ぶダンスとヨガを行い体力は十分。「年を取ると落ち着いてくる。私の高校時代は活発で、なんでそんな“宇宙人”みたいなパワーがあるんだって言われてた。だからその時の自分を思い出したいですね」

4月27日8時0分配信 スポーツ報知
スポンサーサイト
女優・菊川怜が6日、都内で行われた『食料自給率向上に向けた国民運動推進事業』記者発表会に出席した。この事業は国民の食への関心を高めるために 行っているもので、得意料理を尋ねられた菊川怜は「筑前煮とか、焼き魚とか……肉じゃがも一応押さえてます。自分用にですけどね」と残念そうな表情を見せ た。

菊川怜の画像へ

食料の6割を外国からの輸入に依存しているという日本人の食生活の見直しを求め、食料自給率を高めるとともに、次世代の子供たちに“日本の食の安心と豊かさ”を引き継ぎ、創っていくことを目的として、国民運動『FOOD ACTION NIPPON』を推進。この日の会見には同運動応援団として、菊川怜をはじめとし、北京五輪金メダリストの柔道女子63kg級・谷本歩実選手、フェンシング 男子フルーレ個人、銀メダリストの太田雄貴選手、俳優・永島敏行が出席し、国産食材を使った料理が振舞われた。

国産食材を自身の口で味わった菊川怜は「食べることの楽しさを実感した。毎日食べることに感謝していきたい」とニッコリ。太田雄貴は「日本の食べ物の安全性を 改めて感じました」と笑顔を見せ、報道陣から自身の料理の腕前を聞かれると「男の料理って感じで、食器は出したら出しっぱなし。父が料理上手なので、ロンドンまでは父と二人三脚で頑張りたい」と4年後の五輪を見据えつつも「料理の上手い彼女を見つけたい」とちゃっかり明かし、笑いを誘っていた。

10月7日6時30分配信 オリコン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。