上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女優、安達祐実の母で、タレント活動をしている安達有里が24日、都内で会見し、2カ月間で全身整形に成功したことを発表した。10月10日に発売する2年ぶりの写真集「Beauty Smile」のために、600万円以上をかけて肉体改造した。さらに、来年5月に公開する初主演映画「メビウス(仮)」(笠原正夫監督)も発表した。

安達有里の画像

オンナ、五十路を迎えても輝いていたい。黒いドレス姿の安達有里が登場し、無数のフラッシュが光る。全身整形プロジェクトの成功が伝えられると、会見場はどよめきに包まれた。

「20代の体になりたい」の一言が、すべての始まりだった。全国展開している湘南美容外科クリニックで整形に着手。歯は、上下計12本を白く輝いてみえるダイヤモンドセラミックに変えた。

太ももとお尻、ウエストなど9カ所から脂肪を吸引し、その脂肪を今度は両胸に250ccずつ移植してバストアップ。髪の生え際にはメスを入れて顔の皮膚を45度まで引っ張り上げ、目の周りのしわとクマを消すためにレーザー治療を施した。

約2カ月の短期間で全身整形を終え、かかった費用は総額609万1700円! 湘南美容外科クリニックの相川佳之総括院長は、「これだけ短期間で全身整形した方はいないでしょう」と舌を巻いた。当の安達有里は「豊胸までやるつもりはなかったけど、手術当日に決めました。20代は無理かもしれないけど、30代後半から 40代には見えるんじゃないかしら」とご満悦だ。

身長151センチでバストが78センチから81センチ、ウエストが62センチから60センチ、ヒップ84センチから80センチに変貌。取り戻した美しさを披 露するべく、2年ぶり2冊目の写真集を発売。さらに、トントン拍子で映画初主演もゲット。

すでに娘の祐実とお笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤夫妻にも報告。「祐実には『いいんじゃないの』って言われました。井戸田さんにはネタにされちゃうかな」と、いたずらっぽく笑った。その表情もまだまだ若い。

9月25日8時2分配信 サンケイスポーツ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。