上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フリーアナウンサーの古瀬絵理が28日、所属事務所を通じて、ファクスで一般男性と結婚し現在、妊娠5カ月であることを報告した。

古瀬絵理 画像

同日、大阪市内でレギュラーを務めるラジオ番組に出演。相手について「ますだおかだの岡田さん似で色黒、細身。北海道出身です」と説明し、「明るくて情熱的な方」とのろけた。

スポニチアネックス 9月29日(木)9時13分配信
スポンサーサイト
フリーアナウンサーの古瀬絵理が5日、都内で最初で最後の写真集「蜜【mits】」の発売記念握手会を行い、“生涯スイカップ”を宣言した。

古瀬絵理 画像

Hカップのバ ストがスイカのようと注目を集め“スイカップ”と呼ばれてきた古瀬絵理は「胸はコンプレックスだった」と振り返ったが、写真集ではそのバストを強調するショッ トにも挑戦。「きれいに撮っていただき、コンプレックスもなくなりました」と笑顔。現在はマッサージや体操でバストケアを欠かさず「おばあちゃんになって もスイカップが目標です」と宣言していた。

デイリースポーツ 2月5日(土)18時42分配信
フリーアナウンサー、古瀬絵理が2月3日に初写真集「蜜〔mits〕」を出版することが29日、分かった。“スイカップ” と呼ばれたこぼれんばかりの巨乳を手ブラで隠し、ヒップまで全開にしたセクシーショットが満載。巨乳に悩んでいた少女時代や恋愛観、理想の夫婦生活などを題材に、初めて書き下ろした短編小説も掲載した。

NHK山形放送局のキャスター時代、推定Gカップの巨乳がネット上で話題騒然となってから8年。2月8日に33歳を迎える古瀬が、“封印”してきたスイカップと自身の恋愛観を大胆披露だ。

「私にとって、たぶん最初で最後になる」と決意を込めた1冊は、バストトップは寸止めで見せていないものの、全裸でうつぶせやブラジャーを外す姿など限界ギリギリショットが満載。

豊満な胸の谷間以外にも、シャープな腰のくびれや美しいヒップラインを、一糸まとわぬ姿で大胆露出した。温泉宿や都会の裏路地では、男性を誘う妖艶な表情にも挑戦。従来のアナウンサー像を覆す“演技力”も披露している。

タイトルの「蜜」には本人いわく「心の秘密をさらけ出す」などの意味を込めた。何度かグラビア経験はあるものの、写真集出版に踏み切れなかった理由について「自分の身体と向き合うのが怖かった」と告白し、三十路を迎え「撮ってもらうことで、女性としての自分をみつめたかった」と明かした。

グラビアの間にちりばめられた自伝的要素の強い4編の短編小説では、自身の心も開放。「まるで西瓜(すいか)を二つくっつけているみたいと言われたこともあります」と綴られた「双子山」には、胸が大きいことで悩む少女を描いた。

理想の夫婦像を書いた「或る日」では、「スウェットを脱いで、そっとベッドに潜り込む。相変わらずよく寝ている彼の背中にくっついて、少し体温を分けてもらう」など“甘えん坊”な一面も見せている。

古瀬は「表情から、身体から、短編小説から、今私が感じている『蜜のような甘い幸福感』をみつけて頂けたらうれしいです」と語り、すべてをさらけ出した充実感を漂わせた。

サンケイスポーツ 1月30日(日)7時52分配信

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。