上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タレントの乙葉さんが歌手参加したCDアルバム「トツキトウカ~ママが贈る子守歌~」が8日に発売される。07年10月に長女を出産した乙葉さん は「毎日、娘に子守唄を歌っていて、やはりお母さんの声というのは子どもにとって安心出来るものなんだろうなと実感しています。いつまでも見守っていると いう、母親の気持ちが伝わるように心を込めて歌いました」と話している。発売を記念し、4日午前10時から「クイーンズスクエア」などで、乙葉 さんやサラリーマン歌手の木山裕策さんらが出演する無料イベントが開かれる。

乙葉の画像

「トツキトウカ」は、世界中の赤ちゃんはママから愛の詩をもらうというコンセプトの下、公募された詩をまとめた詩集で、最新作「トツキトウカ2008- 2009」は10日に発売される。それを記念し、詩集に収めた作品の中から11作を選び、それぞれのイメージに合う曲を制作してCDが完成した。

アルバムには世界的なバイオリン奏者の葉加瀬太郎さんを筆頭に、バイオリン奏者の古澤巌さん、高嶋ちさ子さんなどが参加した。乙葉さんが歌う楽曲は元々、葉加瀬さんが長女が生まれた際、赤ちゃんに注ぐ愛をイメージして制作した曲で、今回アルバム制作のために、歌詞を一般公募。一児の母である乙葉さんが、柔らかな歌声を響かせている。アルバムは「シューベルトの子守唄」などのボーナストラックを含め15曲入り。価格は2700円。詩集は1050円。

10月3日21時12分配信 毎日新聞
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。