女優・榮倉奈々主演のNHK朝の連続テレビ小説『瞳』が22日にクランクアップを迎え、東京・渋谷の同局で榮倉奈々、西田敏行ら出演者とともに花束 贈呈式とくす玉割が行われた。9か月という長期間で過酷な撮影スケジュールを乗り越えた榮倉奈々は「山あり谷ありの日々でしたが、周囲も相談に乗ってくれたり助けてくれた。今後、女優として精神的なエネルギーの源になりました!」と時折涙ぐみながら感想を語った。

榮倉奈々の画像

挨拶の場面で榮倉奈々から「世界で一番尊敬する俳優さんです」と告白され、照れを隠し切れなかった西田敏行は「待ちに待った大器。等身大の女の子を演じるのは役者にとって難しい。彼女なりに悩みながらも演じていく姿を見て、こちらも刺激になった」と主役を演じた榮倉奈々を絶賛。クランクアップ3日前から「緊張し浅い 眠りでした」と話した榮倉奈々は西田敏行との思い出について「一緒にカラオケへ行くと『いい夢みろよ』を歌ってくれてカッコよかった!」と笑顔だった。

8月22日18時15分配信 オリコン
[READ MORE...]
スポンサーサイト