上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月に活動休止を発表した4人組バンドのウルフルズが30日、大阪・万博記念公園もみじ川芝生広場で開催された夏の恒例の野外ライブ「ヤッサ」で、活動休止前の最後のステージを披露した。ボーカルのトータス松本は、「今日のライブはある地点の終わりやけど、これからの僕らの始まり。だから頑張ります!」と宣言。3時間半でアンコールを含め全24曲のパフォーマンス、21年間の集大成で観客を魅了した。

7月に六本木で行われた東京最後のライブの写真

ウルフルズ恒例の夏イベント「ヤッサ」は、2000年からスタートして今回で10回目。今年は、29日、30日と初めての2日間公演となり、各日1万8000人合計3万6000人が、ウルフルズ最後のステージを見届けた。

オープニングでは、メンバーのウルフルケイスケジョン・B・チョッパーサンコンJr.は神輿に乗り、会場を一周して登場。トータス松本はセンターステージ中央部分から飛び出し、「ウルフルズA・A・P(アホ・アホ・パワー)のテーマ」でライブがスタートした。
 
ウルフルズとして、みんなの前で演奏するのも今日がとりあえず最後です。最後まで一緒に夏の終わりを楽しんで歌って踊って帰ってください」とトータスが叫んだ後には、大ヒット曲「バンザイ~好きでよかった~」をパフォーマンス。続いて、客席の真ん中に作られたステージにメンバーが移動し、トータス松本がキーボードを弾いて、未発表の新曲「あったかい」を披露して会場を沸かせた。

アンコールでは、デビュー曲の「やぶれかぶれ」、黄金のスーツを着たトータスがダンサー40人と共に登場した「SUN SUN SUN'95」。そして最後には「いい女」を歌い、ライブは“エンジン全開大宴会”の絶頂を迎えた。中央のステージでメンバーとダンサーが手を繋いでお辞儀をすると、後方から大きな花火があがった。

ウルフルズ最後のライブとなったこの「ヤッサ」の映像は、11月11日に2枚組のライブDVD+CDとして発売。新曲として披露された「あったかい」と「あついのがすき」もCDに収録される。

8月31日7時5分配信 オリコン
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。