テレビドラマとしても人気を呼んだ、神尾葉子原作の少女漫画を映画化した『花より男子ファイナル』の完成会見が23日、東京・北の丸公園の日本武道館で行われ、F4といわれるメンバーを演じる松本潤小栗旬松田翔太阿部力、ヒロインの井上真央が出席した。

主演の松本潤は、「F4というありえない設定のなかで、どれくらいリアリティを出すか考えながら演じた。ファンの皆さんがどんな反応を示してくれるのか楽しみです。それくらい自信があります!」と胸を張った。

一方、派手なタンクトップ姿で登場した小栗旬は、「気合入れすぎてすごい衣装で来ちゃいました」とおどけて見せ、笑いを誘った。それでも、「この作品に出合えてなかったら、こんなに大きな会場で完成披露なんてできなかったと思う。関われて本当に良かった」と語った。

2005、07年と2シリーズにわたって放映され完結したものの、ファンの後押しによって実現したシリーズ完結編。撮影が始まったころを振り返った松本潤は、「小栗旬とはパート1のころ、別の世界の人という印象があって、お互いに仲良くなろうとは思っていなかった。そこから意気投合していったんです」と小栗旬と 視線を交わす。

話を振られた小栗旬は、「今年に入って松本潤は、僕の部屋のソファで3~4回は朝を迎えているんですよ。そのまま仕事へ行きますしね」と終始笑顔を浮かべながら、松本潤との友情秘話を披露した。

なお、この日は会見後に完成披露試写会が行われ、25万通を超す応募から当選した6000人が会場に詰め掛けた。

28日より、全国東宝系で公開される。

6月23日20時9分配信 VARIETY
スポンサーサイト