上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お笑いコンビ・ペナルティのワッキーが5月31日(土)、東京・シネマート六本木で行われた国内初の本格的なタイ映画祭『タイ式シネマ☆パラダイス』の オープニング舞台挨拶にゲストとして登場した。流暢なタイ語でトークを展開し、来日したタイ俳優や監督から「タイなら主演男優間違いなし」と太鼓判を押さ れると「タイのスターになります」と宣言、タイ進出に意欲を燃やした。

タイ料理屋でバイト経験があったというワッキーは「12歳年上のタイの女性に恋をして、話したくて勉強した」と自称タイマスター宣言。通訳なしで会話を 交わせるほどのバイリンガルぶりで、タイ女優のポーラ・テイラーも「もう一目惚れしました」と虜に。思わぬ好反応にワッキーは新婚にも関わらず「(左手薬 指の)指輪をはずしていいですか?」とジョークを交えつつ、手応え十分の様子だった。

さらに、『バルト7』の赤パン役として知られるポンパット・ワチラバンジョン監督は「タイなら主演男優」「ワッキーの顔を見て金城武を思い出した」とタ イ受けする顔立ちだと大絶賛。"スポーツ万能なお笑い芸人"として活躍するワッキーだが「タイのスターになります」と路線変更に鼻息を荒くしていた。

この日はほかにタイを代表する人気イケメン俳優のアナンダ・エヴァリンハムも来場した。同映画祭では特別上映作品9作品を含む17作品を上映。また漫画家として日本でも活躍中のタム君ことウィスット・ポンニミットによるライブなども行われる。

5月31日16時52分配信 オリコン
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。