インディーズで活動していたビジュアル系新世代のロックバンド・Versailles(ヴェルサイユ)が来年6月以降にメジャーデビューを果たすことが 23日(火)、わかった。この日東京・渋谷C.C.Lemonホールで行ったツアーファイナル公演でボーカルのKAMIJOが「ワーナーミュージック・ ジャパンより世界デビューすることが決まりました。やっとスタート地点に立つことができます」とサプライズ報告。東京・目黒鹿鳴館にて来年6月17日より 21日まで行う5daysライブでインディーズ活動を卒業することも明かした。

ライブ会場では、2度目のアンコールを受けて登場したリーダーのKAMIJOが「みなさんに報告があります」とあらたまって報告。世界へ躍進するための 足がかりとなるメジャーデビューを告げ、会場が驚きと歓喜に包まれると「活動開始からちょうど1年半。考えられないスピードでやってきた。やっとスタート 地点に立つことができます」と深々とお辞儀して感謝の思いを語った。

“薔薇の末裔”をバンドコンセプトにインディーズデビュー後、ヨーロッパや米国を中心に音楽活動を開始。独自の音楽スタイルとビジュアルで人気を集めた が、今年9月に米国の同名バンドの存在により、法的理由で米国での活動においてはバンド名を「Versailles-Philharmonic Quintet-(ヴェルサイユ・フィルハーモニック・クインテット)」と変更することを発表した。

メジャーデビューまで決して平坦な道のりではなかったが、KAMIJOは「世界制覇を目指します。伝説を作るのにはお前たち(ファン)の力が必要なんだ。バラ色に染め上げようぜ」とシャウトし、全19曲を披露したライブを締めくくった。

12月24日7時48分配信 オリコン