「記念日の館」として、さまざまな記念日にあわせたアイテムやパーティースタイルを提案してきた「アニヴェルセル表参道」の開館10周年を記念したイルミネーションの点灯式が16日、女優の加藤ローサさんを招いて行われた。

加藤ローサの画像

加藤さんは「シックで大人っぽくもあり、袖のドレープが女の子らしい」という黒のワンピース姿で登場。「記念日やイベントは大好き。パーティーでワイワ イしたり、プレゼントを選ぶのも楽しい」と語り、最近は「親戚のお姉さんが近く出産するので、ベビーカーを買いました。いろいろと見ていると、ほかにもか わいいものがあって、買い足そうかなと思っているところ」と買い物好きの一面をのぞかせた。

点灯式では、加藤さんがケーキに立てられた10本のろうそくを吹き消すと、建物のエントランスのイルミネーションが一斉に点灯。アーチ型に飾られた9000球の電球と、ネオン管で作られたシャンデリアが輝き、道行く人も足を止め見入っていた。

アニヴェルセル表参道は1998年11月3日に、表参道のけやき並木にオープン。今年は「よろこびは、祝福されると記念日になる」をテーマに、ジャズバ イオリニストの寺井尚子さんのコンサート(11月6日)や、10周年限定のドレスやケーキ、ディナーなどを用意している。イルミネーションは来年1月末ま で点灯される予定。

10月16日20時3分配信 毎日新聞
スポンサーサイト